消費者金融の金利について10万円借りる

 

ほとんどの消費者金融の金利は、最大約18%。

モビット 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%(はじめてなら30日間無利子※条件あり)

 

 

例えば、モビット。3.0%〜18.0%です。
3.0%なんて低金利で借りられたら素晴らしいのですが、実際はどうなのでしょうか?
その他、キャッシングが初めての人が気になる金利に関する疑問を集めてみました。

 

 

>>初心者が借りやすい消費者金融おすすめランキング<<

■30日間利息無しや店舗に行かなくても借り入れ可能など、初心者の借りやすさ・申込みのしやすさで選んだランキングです■

 

 

 

Q1 初めて消費者金融で借りる時の金利はいくら?

 

比較

消費者金融の金利は最大18%が多いけど、実際借りる時は何%くらいなの?

 

答え

一般の方が初めて消費者金融を利用する場合、ほぼ最大金利近い金利になると思っておいた方がいいです。
高いと思った人は、初回30日間無料の消費者金融を利用するといいでしょう。

 

でも18%と言っても、毎回18%の利息を取られるわけではありません。

 

また定期的に借りて、ちゃんと返済していると金利を下げてくれることがあります。

 

 

■補足説明■
一度に100万円以上借りると、15%になります。
ただし借りることができる限度額が審査時に決められるので、100万円以上借りられないケースもあります。
また総量規制という決まりがあり、未返済の金額の総額が年収の1/3以上を超えることができません

 

 

Q2 実際の利息はいくら?

質問

借りる時の金利は18%なんですね・・・
10万円借りたら、1万8千円の利息を取られるのですね。

 

答え

それは、「いいえ」です!

 

利息は日割り計算になって、
一日当たり約49円!です

 

質問

思ったより安いですね!


 

答え

ジュース1本より安いのです。
10万円なら1か月の利息は1500円くらい、
総返済額は約101500円。
1万円借りた時の1か月の利息は150円くらい、
総返済額は約10150円です。
50万円や100万円の時は、掛け算すれば分かりますね!

 

まずは初回30日利息ゼロの消費者金融やWEBのみの手続きで借りられる消費者金融を利用してみましょう。

 

■補足説明■
消費者金融の金利は年利です。
年利とは一年借りてていた場合の金利で、それ以前に返済すると日割りになります。
つまり18%の365分の1です。

 

 

Q3 消費者金融は何を基準に選ぶ?

質問

金利で選ぼうと思っていたのですが、どこもほぼ同じだとしたら何を基準にして選ぶといいのでしょうか?

 

 

答え

信頼できる消費者金融かどうか、初心者が申込みしやすいかどうかで選ぶといいですね。
金利の低さとか誰でも借りられるとかで選ぶと、最悪の場合は闇金融だったりすることがあります。
闇金は法律を守らないから怖いですよ!

 

■補足説明■
小さな消費者金融でも真面目で誠実なところがありますが、判断するのは難しいので大手を選んだ方が間違いがありません。
また大手は申し込んでから手元にお金が入るまでの期間が短かったり、全国のコンビニや銀行のATMで引き出せるなど便利です。
カードを作っておけば、急にお金が必要になったなど緊急事態にも素早く対処できます。

 

Q4 初めての人が申し込みやすい消費者金融

質問

どこで借りようか迷っているのですが、どうやって消費者金融を選ぶといいのでしょうか?

 

答え

とりあえず、法律を厳守している消費者金融であることが最低条件です。
日本貸金業協会 協会員情報
こちらはお金を貸し借りする際に、法律に則って厳しい自主規制基本規則を定めている日本貸金業協会という組織の会員名簿です。

 

ここに在籍しているということは、法律を厳守しているという証明にもなります。

 

借りたいなと思った消費者金融が載っているか確認してみましょう。

 

但し登録は本店の住所になるので、自分が住んでいる都道府県に載っていなくてもあせらないようにしましょう!

その他の情報:
登録貸金業者情報検索入力ページ
貸金業者として財務局・都道府県にとうろくされているか確認することができます。
登録されていない場合、闇金の可能性が高いと言えます。

 

悪質業者検索
こちらは日本貸金業協会が把握している悪質業者を検索できます。

 

 

これらを把握した上で、
初めて借りる場合金利はどこでも18%程度なので、金利の低さで選ぶより申込みのしやすさで選ぶといいですね。

 

例えば、こんな消費者金融です。

 


 

初めてなら30日間無利息!(※条件あり)

【プロミス】 金利(年利):4.5%〜17.8%

プロミス


プロミスはここが安心


  1. 初めてなら30日間無利息サービスを利用できます。

    30日以内なら借りた金額だけ返済すればOK!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式ホームページをご覧ください。


    ・三井住友銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能です
    ・平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
    ・14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借入可能です


  2. 二つの申込み方法。

    ・カンタン入力:入力する内容が良く分からないならコチラ。少ない項目を入力してお申し込み。一次審査完了後、残りの項目を電話にてお伺い。


    ・フル入力:審査に必要な全ての項目を入力して申込み。Webで全てのお手続きを行いたい方はコチラ。(電話での確認がある場合があります)


    おすすめはフル入力。
    カンタン入力で残りの項目を電話にてお伺いする時、あせってしまって言わなくてもいいことを言ってしまうことも・・・


※申込について:主婦やフリーターの場合、パート、アルバイトによる安定した収入があればお申込み可能です。

 

>プロミスのお申し込みはこちら<

プロミス

 

郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がない!

【モビット】 金利(年利):3.0%〜18.0%


モビットはここが安心

WEBだけで申し込みを完結させることも可能です。
郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がないのも嬉しい!


「Myモビ」をご利用すれば、いつでも次回の返済日や返済額を確認できたり、
さらにPCで登録すれば「支払期日案内メール」で、事前に返済日や返済額、借入残高などの案内をしてくれます。
困ったときはフリーダイヤルに電話すれば親切に対応してもらえます。


14:50までに振込手続完了すれば、モビットは当日振込も可能です。
ただし、審査結果によっては希望に沿えないことがあるそうです。


>SMBCモビットのお申し込みはこちら<

 

 

 

 

 

 

Q5 金利の計算をもう少し詳しく!

質問

金利18%で10万円を借りた時利息は一日約50円なのは分かったのですが、もう少し詳しく知りたいです。

 

答え

では、一日当たりの利息を計算してみましょう!

 

計算式は、

 

借りた金額×年利÷365日(一年の日数)×借りた日数

(うるう年は366日)

となります。

 

A子さんの場合は、上の式に当てはめると

 

10万円×0.18(18%)÷365日=49.315円
(小数点以下切捨て)

 

ということで、一日当たり49円となります。
(約となっているのは、10日だと計算結果が493.15になって利息は493円になるからです。)

 

意外と少ないと思いませんか?

 

年利が18%で、利息が1万8千円になると考えると大きく感じますが、一日50円程度なら負担も少ないですよね。

 

消費者金融は早く返済する方がおトクなのです。

 

■補足説明■
分割で返済する場合、もう少し複雑になります。

 

Q6 最大金利が18%の理由

質問

どうして消費者金融の金利は最大18%なのでしょうか?


 

答え

それは利息制限法によって決められているからです。

 

■補足説明■
利息制限法では金利の上限が次のように決められています。

 

10万円以下 ・・・20%
10万円〜100万円以下 ・・・18%
100万円〜 ・・・15%
(利息制限法)
一度に100万円以上借りると、15%になります。

 

 

Q7 昔の金利はもっと高かった?

質問

昔の金利はもっと高かった印象があるのだけど、何か変わった?

 

答え

法律が変わりました!

 

■補足説明■
以前は、出資法で上限金利が『29.2%』となっていました。
それが平成22年に20%に引き下げられることになったのです。

 

 

Q8 出資法と利息制限法。金利の法律が二つある?

質問

出資法と利息制限法?
金利の法律が二つあるのですか?

 

答え

そうなんです。
金利に関する法律は二つあって、
出資法は刑事。
利息制限法は民事なのです。

 

■補足説明■

 

出資法の上限金利は20%。
利息制限法の上限金利も最高20%ですが、借りた金額が増えると段階的に引き下げられます。

 

以前は出資法の上限金利は平成22年6月17日以前は29.2%で、この金利で融資されていました。
(利息制限法は変わっていません。)

 

出資法は貸す側を取り締まる為、利息制限法は借りる側を守る為にあります。
出資法は刑事ですので違反すると、処罰される可能性があります。

 

出資法を超えなければ処罰されないので、長い間消費者金融の金利上限が29.2%になっていたのです。
これが出資法の改正で上限が20%になり、さらに改正貸金業法で利息制限法の上限を超える貸出しが禁止されるようになりました。

 

利息制限法と出資法の間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれ問題となっていました。
制限された結果、現在はグレーゾーン金利はありません。

 

詳しくは、廃止となったキャッシングのグレーゾーン金利とは

 

 

Q9 過払い金ってこれから借りる人も対象?

質問

キャッシングでお金を借りすぎた人は、過払い金でお金が返ってくるってテレビCMで見たのだけど、これから借りる人も返ってくるの?

 

答え

返ってきません!

 

 

■補足説明■

 

Q8 出資法と利息制限法。金利の法律が二つある?で説明したように、平成22年6月17日以前は出資法の29.2%が上限金利として運用されていました。

 

法改正後に利息制限法を超えて貸し出すことを禁止されたのですが、法改正前にこの制限を超えた分を過払い金として返還するように最高裁判所で判決されたのです。

 

平成22年6月17日以前に過剰に払いすぎた金額が返還対象なので、これから借りる人は対象とならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

■利息一覧

 

 

 

10万円を借りた場合

 

 

返済日数(月)
金利18%
金利10%
利息 返済金額 利息 返済金額
14910004927100027
7(一週間)345100345191100191
30(1か月)1479101479821100821
60(2)29581029581643101643
90(3)44381044382465102465
120(4)59171059173287103287
150(5)73971073974109104109
180(6)88761088764931104931
210(7)103561103565753105753
240(8)118351118356575106575
270(9)133151133157397107397
300(10)147941147948219108219
330(11)162731162739041109041
365(12か月・1年)1800011800010000110000
395(13)1947911947910821110821
425(14)2095812095811643111643
455(15)2243812243812465112465
485(16)2391712391713287113287
515(17)2539712539714109114109
545(18)2687612687614931114931
575(19)2835612835615753115753
605(20)2983512983516575116575
635(21)3131513131517397117397
665(22)3279413279418219118219
695(23)3427313427319041119041
730(24か月・二年)3600013600020000120000

飛ばして次へ ▲TOPへ

 

5万円を借りた場合

 

 

返済日数(月)
金利18%
金利10%
利息 返済金額 利息 返済金額
124500241350013
7(一週間)172501729550095
30(1か月)7395073941050410
60(2)14795147982150821
90(3)221952219123251232
120(4)295852958164351643
150(5)369853698205452054
180(6)443854438246552465
210(7)517855178287652876
240(8)591755917328753287
270(9)665756657369853698
300(10)739757397410954109
330(11)813658136452054520
365(12か月・一年)900059000500055000
395(13)973959739541055410
425(14)1047960479582155821
455(15)1121961219623256232
485(16)1195861958664356643
515(17)1269862698705457054
545(18)1343863438746557465
575(19)1417864178787657876
605(20)1491764917828758287
635(21)1565765657869858698
665(22)1639766397910959109
695(23)1713667136952059520
730(24か月・二年)18000680001000060000

飛ばして次へ ▲TOPへ

 

20万円を借りた場合

 

 

返済日数(月)
金利18%
金利10%
利息 返済金額 利息 返済金額
19820009854200054
7(一週間)690200690383200383
30(1か月)29582029581643201643
60(2)59172059173287203287
90(3)88762088764931204931
120(4)118352118356575206575
150(5)147942147948219208219
180(6)177532177539863209863
210(7)2071222071211506211506
240(8)2367122367113150213150
270(9)2663022663014794214794
300(10)2958922958916438216438
330(11)3254723254718082218082
365(12か月・一年)3600023600020000220000
395(13)3895823895821643221643
425(14)4191724191723287223287
455(15)4487624487624931224931
485(16)4783524783526575226575
515(17)5079425079428219228219
545(18)5375325375329863229863
575(19)5671225671231506231506
605(20)5967125967133150233150
635(21)6263026263034794234794
665(22)6558926558936438236438
695(23)6854726854738082238082
730(24か月・二年)7200027200040000240000

飛ばして次へ ▲TOPへ

 

30万円を借りた場合

 

 

返済日数(月)
金利18%
金利10%
利息 返済金額 利息 返済金額
114730014782300082
7(一週間)1035301035575300575
30(1か月)44383044382465302465
60(2)88763088764931304931
90(3)133153133157397307397
120(4)177533177539863309863
150(5)2219132219112328312328
180(6)2663032663014794314794
210(7)3106833106817260317260
240(8)3550633550619726319726
270(9)3994533994522191322191
300(10)4438334438324657324657
330(11)4882134882127123327123
365(12か月・一年)5400035400030000330000
395(13)5843835843832465332465
425(14)6287636287634931334931
455(15)6731536731537397337397
485(16)7175337175339863339863
515(17)7619137619142328342328
545(18)8063038063044794344794
575(19)8506838506847260347260
605(20)8950638950649726349726
635(21)9394539394552191352191
665(22)9838339838354657354657
695(23)10282140282157123357123
730(24か月・二年)10800040800060000360000

 

 

■お金を借りるなら大手の消費者金融で

 

 

消費者金融でお金を借りるには、審査が必要です。

 

場合によっては融資を断られてしまうことがありますが、最初から無審査でキャッシングできるという業者に行くのはオススメできません。

 

そのほとんどが、クレジットカードなどの現金化など正当な金融業者ではないのです。

 

お金を貸して利息をもらって会社を運営しているのが、消費者金融です。

 

お金を返済することが可能かどうか確認しないで、お金を貸すのは何か別の思惑があると思った方がよいでしょう。

 

 

また、お金を借りる場合は大手の会社をオススメします。

 

大手の消費者金融は、資本力がありますので金利が低い傾向があります。

 

このような事からも、大手の消費者金融をオススメしています。

 

また提携しているコンビニなどに設置されているATMを利用して借入や返済をすることができます。

 

旅先で現金が必要になった時や返済をうっかり忘れていた時など、とても便利です。

 

なるべく大手の消費者金融を利用しましょう。

 

 


 

 

 

 

 

 

■計画的に利用すれば負担が少ない消費者金融ですが

 

 

借りたらすぐ返せば消費者金融は負担があまり多くありません

 

計画的に利用すれば非常に便利です。

 

借りるとき・返すときに手数料が発生しない方法を利用すれば、自分の銀行口座からお金を引き出すのよりも安く利用できるという裏技もあります。(消費者金融毎に条件が異なります。ホームページを見て確認しましょう)

 

ですが、利用しているうちにお金を借りる事に慣れてしまう人も多いようです。

 

そして、計画外の借入もしてしまいます。

 

一日あたりの利息が少ないと言っても、降り積もれば大きな負債となっていきます。

 

気が付いたときには返済できないという状況になりかねません。

 

そうならない為にも、これは借金なんだという気持ちを常にもつようにしましょう。

 

 

 

 

■キャッシングで困ったら!

 

 

■借り方が分からない

 

借りようと思っている消費者金融で聞くのが一番確実です!

■借りたけど返済できない

 

まずは借りた消費者金融に早めに相談を!
状況により返済を待ってもらえることもあるので、必ず連絡しましょう。
連絡を怠ると返済の意思が無いとみなされてしまいます。

■第三者機関に相談したい

日本貸金業協会HP

日本貸金業協会

貸金業を行っている企業が会員となっている協会です。
貸金業に関する法律を元に厳しい自主規制方針を定め、協会員がそれを守るように指導しています。
ここに所属しているかどうかが、まじめな消費者金融かどうかの指標の一つとなります。
悪質業者一覧も参考になります。

 

借り手側からの相談・苦情を公正・中立な立場から受け付けています。
貸金に関する専門機関なので、適切なアドバイスを受けることができます。
また生活を再建するためのカウンセリングや、家計に関する診断を受けることができます。

 

 

 

 

消費者金融ランキング

 

 

 

初めてなら30日間無利息!(※条件あり)

【プロミス】 金利(年利):4.5%〜17.8%

 


プロミスはここが安心


  1. 初めてなら30日間無利息サービスを利用できます。

    30日以内なら借りた金額だけ返済すればOK!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式ホームページをご覧ください。


    ・三井住友銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能です
    ・平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
    ・14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借入可能です


  2. 二つの申込み方法。

    ・カンタン入力:入力する内容が良く分からないならコチラ。少ない項目を入力してお申し込み。一次審査完了後、残りの項目を電話にてお伺い。


    ・フル入力:審査に必要な全ての項目を入力して申込み。Webで全てのお手続きを行いたい方はコチラ。(電話での確認がある場合があります)


    おすすめはフル入力。
    カンタン入力で残りの項目を電話にてお伺いする時、あせってしまって言わなくてもいいことを言ってしまうことも・・・


※申込について:主婦やフリーターの場合、パート、アルバイトによる安定した収入があればお申込み可能です。

 

>プロミスのお申し込みはこちら<

プロミス

 

 

 

 

郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がない!

【モビット】 金利(年利):3.0%〜18.0%

 

モビットはここが安心

WEBだけで申し込みを完結させることも可能です。
郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がないのも嬉しい!


「Myモビ」をご利用すれば、いつでも次回の返済日や返済額を確認できたり、
さらにPCで登録すれば「支払期日案内メール」で、事前に返済日や返済額、借入残高などの案内をしてくれます。
困ったときはフリーダイヤルに電話すれば親切に対応してもらえます。


14:50までに振込手続完了すれば、モビットは当日振込も可能です。
ただし、審査結果によっては希望に沿えないことがあるそうです。


>SMBCモビットのお申し込みはこちら<